Q&A

Q1 内臓トレーニングは糖尿病の運動療法(有酸素運動)ですか?

   内臓トレーニングは、トレーニングという名前が付いていますが、走ったり、
   テニスをしたりする有酸素運動とは違います。専用の器具を使って

   (1)血液とリンパの流れを良くし、
   (2)足裏から内臓の機能を整え、
   (3)自律神経のバランスを整えたり、神経の情報伝達機能を高める

   今までの医療界の常識を超えた、まったく新しい健康法です。


Q2 腎臓病の私はお医者さんから激しい運動を制限されているんですが・・・。

   内臓トレーニングは、腎臓に害のある激しい運動は行いません。
   運動ができない人、寝たきりの人も取り組むことができます。
   また、腎臓病では、慢性腎不全、IgA腎症、ネフローゼ、のう胞腎など
   様々な人々が取り組んでいます。


Q3 いろんな病気があり、薬を飲んでいますが大丈夫でしょうか?

   ・内臓トレーニングでは薬は一切使わないので薬物による副作用はありません。
   ・トレーニングで使用する器具は、私たちの体の中を流れている生体電流と
    同じものを使っていますので副作用の心配はありません。
   ・たくさんの病気を抱えた人も大勢取り組んでいます。


Q4 わたしは、病気がだいぶ進行しているけど、今からでも間に合うかしら。

   日々進行していく病気なので、「せめて進行が止まれば」という思いの
   お問い合わせが多いです。でも、「もう間に合わないかも」とあきらめる前に
   今のあなたが「こうなりたい」「こうなってほしい」という思いをお聞かせください。
   今からでも十分間に合います。あなたの思いを目標に、
   一緒にがんばっていきましょう。