第14回 内臓トレーニング講演会(大阪) 「善と悪の揺らぎ」



◇第14回 大阪講演会 
1 期日  2016年7月30日(土)
2 会場  AP大阪梅田茶屋町 H+I+Jルーム


201607_oosaka00.gif

201607_oosaka00-2.gif


はじめに(風と心もよう)
 大阪駅頭の空気は、高温多湿、粘るような風が首をなでた。途端に心の安定を欠いて周囲を窺ってしまった。かつて、木曽路の奈良井宿で、宿の浴衣に下駄を履いて、くれなずむ宿場町を歩いた。袂に吹き込む高原の風は涼しく、こころがはずみ散歩の距離が長くなった。ベトナム、ホーチーミン市の街頭で雨宿りをしたことがある。熱風と共にやってきたスコールの後に涼風が吹きぬけた。青空の下で電話番号を交換するカップルが出来上がっていた。風には、人の心を動かす力がある。


善人と悪人は紙一重
 廣岡先生の講演では、「まくら」の部分で善良であるがゆえに悩む医師の姿を描いており、こんなお医者さんに治療してもらいたいものだと思いました。
 「個人としては、社会的には出来るだけ病人が少ないほうが良い。医師である私は、世のため人のために一生懸命病人を減らそうとして治療に専念する。そして、2度と病院には来なくて良いように完璧な治療をしようと考えている。しかし、同じ医師が、病院経営している立場になると、お客さんが多いことは大歓迎、もっとお客さんを増やそうと努力して、2度も3度も来てもらうよう工夫する」。
 個人としては人の幸福を願っても、立場が変われば人の不幸を利用しようとする。人の心には、善人と悪魔の両方が住み着いており、立場の違いによって、聖人になったり悪魔になったりするというお話でした。


悪魔の声に誘われて
 2016年7月29日付の毎日新聞に拠れば、某大学医学部付属病院では、肝臓手術に伴う死亡者数が異常に多かったという。そこで日本外科学会が調査したところ、この病院には第一外科と第2外科があり、それぞれの医師たちは、手術の技術が未熟でありながら手術数を競っていたという。未熟な技術であるだけに死亡者の数も増える。この医師たちは、死者を出してでも自らの技術を磨いたということだろうか。やがて、手にする名医の称号のために。
 一時期、「揺らぎ」という言葉が流行った。揺らぎとは、「ある量の平均値は巨視的には一定であっても、微視的には平均値と小さなズレがある」とある。人間を巨視的に見ればみな善人だが、何かの衣を纏うと善人の枠から外れてしまうことがある。人間の性であろう。悪魔の声に誘われて手術数を競った医師たちも、職場を離れて一個人に立還ればもちろん善人であると思いたい。が、筆者にこんな勘繰りをさせてしまう現実があるのも事実だ。


揺らぎの中で治療する
 冒頭の廣岡先生の「まくら」の医師のように、「基本的には善人であるが、人の道をはずさない範囲でチョイ悪をやってしまう時もある」と自覚し、自問自答しながら患者に接する医師の治療を受けたいものですね。



【参加された方の感想】



厳しい暑さが続いております。いつも大変お世話になっております。この度は大阪の腎臓病講演会を聴講させていただき本当にありがとうございました。御礼申し上げます。廣岡先生、望月先生の講演を一字一句聞き漏らさないように聴かせていただきました。 クレアチニン値、尿素窒素、尿酸についてよく理解することができました。講演会終了後、牛田トレーナー坂本様からも貴重なアドバイスも頂き暑い中出席してよかったです。元気を貰って帰宅いたしました。私よりもクレアチン値、尿素窒素の数値が悪い人も頑張っておられている症例を拝見して勇気が湧いてきました。1ケ月の検査結果を拝見して反省しながら、透析は1日でも延ばせるように肝に銘じ自分管理を徹底いたします。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
先日は、内蔵トレーニング講演会に参加させて頂き有り難う御座いました。掛かり付けの先生からも、未だそれ程悪くはないとので様子を見ましょうと言われて居りましたので、楽観視して過ごして参りましたが、講演会に参加させて頂いき、又購入させて頂いた本を読み、そんなに暢気でいては駄目だと驚いて居ります。出来れば9月に入りましたら、静岡トレーニングクリニックをお尋ねし、受信したく考えております。予約は改めて申し込みをさせて頂きますが、予約の取れる日時など有りましたらご教授頂けませんでしょうか、宜しくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1、大変よく理解できました。2、クレアチニン数値の上昇。3、なぜクレアチニン数値が上がるのか理解できました。4、実践すれば改善には有効だと思いますが、どのようにして実践するのか?費用はどのくらいかかるのか?現在仕事をしているが時間は大丈夫かなど不安が有ります。会場で本は買いましたので、今読んでいるところです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1,納得は、出来た。しかし、自分に効果の有無が、確信出来ない。食事療法が基本なのは理解出来る。ならば、治療器?は、余計なのか?治療器の機能が、何故、体に良いのか?分からなかった。2,食事療法は、メニュー作成が面倒!3,初回の診療費3万円ですが、それ以降の費用の説明が無かったのは、残念!4,やはり、食事療法のみか!致し方ない。ガッカリ?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
前回の元町での内容と大差がないように思えた。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1)自分なりに理解できたと思う。2)腎臓は機能改善しないという医師の一般論。3)方法によれば腎臓機能は改善するという事実。4)非常に役立ちそうです、事実廣岡先生の著書を購入後自分なりに実践していますクレアチニン値最高1.7~1.49最新数値1.44です、自分でいきずまったら<br />
助けを求めます、そのときは宜しくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
講演会の内容自体は、非常によいもので、いままでの細切れの情報を統一して、理解できました。今後も自己管理に努めたいと思います。<質問>購入しました廣岡先生のご著書(自分でなおす)の中の、低タンパク米(がんばる米)、低周波の(補助)器具(p.38)などの詳しい情報を知りたいので、その情報源をご教示いただけませんでしょうか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
初めて内臓トレーニングに参加しました。もともと腎臓がそれほど良くなく、その上腎臓癌になってしまい、一つを摘出しました。あと一つの腎臓を20年程度は持ってほしいと思い、参加したのです。参加して思ったことは、腎臓に何らかの悩みを持っている人が多いのにはびっくりしました。人工透析だけは何とか避けたいと思っていて、その日の話は大変役立ちました。今月末に診察の予約をとっているので、その時にいろいろ指導していただけることを楽しみにしています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大変勉強になりました。血流改善と食事療法の重要性がわかりました。クレアチニン値やe-GFR値が改善する事例があることを知って驚きました。これから病気改善に努力したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
はい、たいへん参考になりました。しようじき半信半疑だったんですが先生お二人のお話お聞きしましてだいぶ安心、信用が出てきました。失礼致しました。これから本腰入れて頑張ろうとおもいます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
現在、器械でのトレーニングを実施中で、今一度、初心に帰るために受講させて頂きました。<br />
現在、クレアチニン1.14 尿酸窒素14.4 尿酸7.5 とクレアチニンと尿酸値が投薬なしで下がらないものか<br />
悩んでいます。毎日のトレーニングに加えて食事療法も考えていかねばならない事を痛感しましした。また、メールなどで相談させてください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
内蔵トレーニングでの効用は書籍である程度は理解していたのですが、その要領は載ってなかったのでよく分かりました。特に2部の検査データ(クレアチニン、尿酸値、蛋白)の意味、相関を分かりやすく説明されてたので良かったと思います。低周波治療器は一般家庭で購入する場合の推薦機器を教えていただければよかったと思います。何れにしても、参加して良かったです。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
講演内容はよくわかりましたし、大変勉強になりました。糖尿病になって10年以上になります。今後腎機能低下などの合併症を心配していますので、講演を聞いてよかったと思います。内臓トレーニングを受ければよいことはよくわかりましたが、私には費用が合いません。講演の中で、電気療法が一番よいととなえた学者がいたといわれていましたが、名前が聞き取れなかったので教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 先日は内臓トレーニング講演会に参加させて頂き有難うございました。実は七年前以来、今回で二度目の参加でしたが、改めて腎臓病の方の多さに驚きました。そして、自分一人だけではない・・と言う安心感の様な物も感じながら聴講させてもらいました。(安心している場合では無いのですが・・)七年前はクレアチニンが1.1台で、フットスキッパーを購入したものの全然危機感が無かったので真剣に取り組みませんでした。ところが、昨年までは1.5台だったのが最近では1.7になり何とかしないと、と焦るばかりです。今回参加させて頂いて、長い腎臓内科通院もただ通っているだけで、これでは駄目だなーと思いました。●病気になってしまったのは自分●病気により困るのは自分●他人任せにしない●自分で治すと、仰っていたのがとても印象に残りました。これから内臓トレーニングに取り組もうと思いました。すでに購入した私ですが、又ご指導頂けますでしょうか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------



<$mt:Include module="Analytics"$>