第13回 内臓トレーニング講演会(新宿) 「健康の源は血流改善」



◇第13回 新宿講演会 
1 期日  2016年5月28日(土)
2 会場  新宿住友スカイルーム 47階 ROOM5+6


201605_shinjuku00.gif

201605_shinjuku000.gif


腎臓病は生活の中から発症する
 2人の講師は、内臓トレーニングに励んでいる腎臓病患者さんのほとんどが、心臓、血管や血液などの循環器系の器官に病気を抱えているという。そこで、腎臓病の発症原因は血流の衰えにあるとし、血流の衰えを改善すれば、腎臓病のほとんどの症状は改善すると説明していました。そして、血流の衰えは、すべて日々の生活の中にあるとも付け足していました。

例えば、
①歩いたり運動をしない生活を続けていると、第2の心臓といわれるふくらはぎが動かないため、下半身の血流が滞ります。

②首筋や肩に凝りがあると脳の血流が不足し、背中や腰の凝りを放置したままでいると、心臓や腎臓など凝りの周辺の臓器の血流に支障が出てきます。

③常にストレスを抱えた生活をしていると、自律神経が失調して血圧のコントロールが出来なくなり、やはり血流に支障が出てきます。


年をとってからの健康の源は血流改善
 人体にある血管の総延長距離は、地球2周り半、約10万kmといわれています。上に述べたような生活を30年も40年も続けていると、血管はボロボロになり、血管内には血栓が出来るなど循環器系全体に支障が出てきます。腎臓病を含む循環器系の病気の改善のキーワードは血流改善であるといえましょう。
 多くの医師たちが血流改善の大切さを説いています。また、健康増進をうたう団体のホームページや健康雑誌にも、血流改善のための運動やサプリメントの情報が溢れています。
しかし、青だけ踏みやふくらはぎ刺激などの健康法は一時的なブームになっても、なかなか日常生活に根付くことはありません。増してや、血流改善をうたってクリニックを開業している医師も居りません。誰もが血流改善の大切なことを認識しながら、生活の中から発生する血流の衰えを解決し切れていません。この結果、医学の進歩は目覚しいといわれながら、病気の90%以上が治らないのでしょう。
 内臓トレーニングは医学的根拠に基づいて、血流改善に真剣に取り組んでいる健康法です。



【参加された方の感想】



広岡、望月先生の説明は分かりやすく以前に聴講した時よりより説得力がありました現在通電治療およびタンパク制限食をつずけておりますが、より継続への確信が持てました、やはり自分で直さなければだめです。参加者の中には以前の私のようにこの治療方法に確信もてないような方の話が聞こえましたが、早い決心がより楽しい人生を送れる事を、一人でも多くの人に知ってほしいと心から願います。講演ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
新宿で講演会を開くという案内を見て、夫婦で参加をしました。ご講演内容は、既にトレーニングを開始している小生にとっては聞き慣れたものであり、実際クレアチニン値の低下を実感している我が身にとっては、みやこ先生のお話にはいつも通り納得がいった内容でした。むしろ前方の席の中年ご夫婦の奥様から「私はクレアチニンが2を超えてしまっているので、あなたの実際の効果を聞かせて欲しい」と言われました。ご主人は「10年前に低周波治療器を購入したが、効果が信じられなくて捨ててしまった」と仰っていました。講演後奥様がこっそりと、私の携帯電話番号を知らせてほしい旨お願いされましたが、未だに連絡はありません。講演会にも付いて来るくらいのご主人なら、理解してあげて欲しいなぁと思ったものです。そのほかにも隣の女性が、高額なので二の足を踏んで迷っていると訴えてきましたが、それもこれも牛田様と小生のやり取りを聞いていた方達で、未体験の大勢の方が講演会に来ているのですね?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
去年から今年にかけてクレアチニン値が5を超え、透析準備にかかろうとしているところです。もう手遅れかなと思っていましたが、講演会で同じような方の事例を聞き、今からでも受けてみても構わないと思いクリニック受診申し込みをしました。たまたまキャンセルが有り、すぐに受診出来ることになりました、楽しみにしています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大変参考になりました、教えて頂きたいここがあります。1・腎臓病のせいかと思いますが1年ほど前から体重が10㎏ほど痩せました脊柱管狭窄症の薬で食欲がなく痩せたのかとも思っていますが。 2・2年ほど前から頭に湿疹ができて治りません、皮膚科で薬をもらってつけていますが駄目です、後援会のお話で毒素が排出できないということをお聞きしましたが、そのせいかなと思っています。3・たんぱく質、塩分、カリウムの少ない食材や調理レシピを教えて頂けるとありがたいです。静岡まで伺うことが難しいので内臓トレーニングの器具を購入し始めてみたいと思いますお送りくださいよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1. よく理解できました。2.クレアチニンの値が一進一体で、年齢とともに急激な上昇を懸念していた3.医療の限界と自己管理の大切さや理屈が良くわかった4.まだほかの方に比べれば、軽い状況であると思いましたが今までの数値を分析して内臓トレーニングを行う道筋ができたと思います

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 講演参加して、先生のお話、望月先生のお話大変参考になりました。実は、私は3歳の時、高熱で右の腎臓が溶けて石灰化して、左腎だけで機能しています。心臓病のため現在も榊原に2ヵ月に一度通っています。コレステロールも・中性脂肪も血圧もそんなに高くなかったのですが、最近、帯状疱疹で、血圧が上がり、降圧剤を処方されるようになりました。そのせいか、クレアチニンの値が少し上がり、かかりつけの医師は「様子をみましょう」でした。なんとか高血圧だけで下げたい・・という思いから、自分で、色々考えて試しています。結論が、食事からすべて糖を排除すること、が分かりました。その矢先このような腎機能についての講演会があると聞き、藁にもすがる思いで参加させていただきました、。そしていい勉強をさせてもらいました。今、高血圧は大分改良されてきました。もう少しで降圧剤をのまなくてもすむようになるかもしれません。それと並行して、腎機能についても、もっと勉強して、自分で治す方向に努力していきたいと思います。これからも、ご指導、アドバイスをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
内臓トレーニング講演会に参加して、大変勉強になりました。現在「腎臓内科」を受診し「栄養科」にて栄養指導を受けております。ただ栄養指導も系統的なものではなく、1日の食事を報告させこれについて栄養士が感想を口頭で述べるに留まっております。本来ならば、妻も同席し妻の立場で聞いてくれるといいのですが、妻は現在病気中で立ち会えないでおります。このままではクレアチニン(1.8)がどんどん悪化してゆくように思えてなりません。妻の病気が治ったら、内臓トレーニング協会の相談・診察を妻と共に受けたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.理解できました 2.クレアチニンがしばらく変動がなかったのですか、最近上昇してしまい、今までの管理方法に疑問を持ちました。3.大変役に立ちました。内蔵トレーニングをしようと思いました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
血液検査の数値の見方が、少しわかり、大変勉強になりました。自分の体は自分で治す。まさにその通りだと思いました。しかし、数値の意味が少しわかっただけですが、自分の通信簿が思っていた以上に悪い数値だと気づかされ、今はショックを受けています。もっと勉強せねばと感じています。その上でどうすれば通信簿が良くなるか試してみたいです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大変よく理解できました。特に、脊髄通電はどのような意味があるのかと、思っていましたが、腎臓のクレアチニン値改善には、腎臓付近のマッサージが効果があると思っていましたが、これからは、毎日1時間の脊髄通電を行います。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.講習に参加し大変勉強になりました。2.私は、多発性嚢胞腎です。何とか機能しておりますが先行き人工透析をすることにな かと心配です。現在クレアチリンは1.64です。3.講習を受け腎臓の重要さを実感致しました。病院は薬貰うだけで役立たずです。4.腎臓の役割を把握致しましたので自分なりにトレーニングし努力して参ります。*機会があれば一度静岡トレーニングに視察したいと思います。可能でしょうか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
講演会に参加させて頂きありがとうございました。内臓トレーニングによる効果についてよく理解できました。クレアチニンの数値が、40代の頃から高め(1.1~1.3)で気になっていましたので、この講演会を知って参加させて頂きました。本年で65歳を迎えますが、クレアチニン数値も現状は、1.1前後を維持していますので、これ以上悪化しないように努力したいと思います。低周波電気治療器は、医療用を持っていますので、講演会の内容を参考にさせて頂き、取り組んでみたいと思います。今後の状況次第で、静岡でのアドバイスを検討したいと思っています。講演会ありがとうございました

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3.実例や写真もたくさんあって参考になりました。 4.内蔵トレーニング用のマシンは持っておりませんのでふくらはぎを使う歩行方法以外にも有益で具体的な話が聞きたかったです。自宅に帰ってから検査表の数値を見直しました。 検査表の数値についてももっと聞きたかったです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
先日は(新宿講演)、拝聴させて頂き、大変感謝しております。クレアチニンが、現在1.6です。説明によるとこれから2.3.4へのスピード、スピードUPも、あっという間だとの事。それに伴い特に食べ物、運動そして薬どれもこれも真面目に取り組んで行かないといけないとの事。再認識された次第です。今、皆さんが避けていらっしゃるように、透析、透析を何とか避けたい気持ちは変わりません。通院の担当医からは毎日散歩、運動すればと、まぁ少し頑張んなさいと言われております。内臓トレーニングは非常に、非常に興味はありますが、経済的な問題も大です。もう少し時間が欲しい処です。ありがとう御座いました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
廣岡先生、望月様のお話し、大変興味深く拝聴しました。特に望月様のお話し大変わかりやすく拝聴できました。腎臓病克服に挑戦する勇気となりました。特に、血流改善、生体電流の改善効果、自律神経のバランス改善の話は、特定疾患を限定しない効果の話は、脳出血後遺症と戦う小生にとっては、明るい話題と受け取れました。廣岡先生の資料の中では、エビデンスの意味について疑問視されるご意見もありましたが、小生にとっては、リハビリに取り組むセルフモチベートの観点において大変意味がありリハビリに取り組む納得性も向上する内容となりました。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
内臓トレーニングについて大体理解できました。私のクレアチニンは0.98mg/dLで、eGFRは59.6mL/minでステージ3aです。現在、腎臓内科に通院していますので、そこでのクレアチニンの基準値の1.04mg/dLを超えたら内臓トレーニングを始めようと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
確かに以前から通院し高い治療代払いながら なぜ?? クレアチニンが下がらない?糖尿で凡そ20年近くの治療で 腎不全 ですよって いとも簡単に当たり前のような医者の 言葉に 愕然として このまま医者の思惑通りに透析なるのが 悔しいっと 思いながら 日々 何にも挑戦してこなかった 自分が情けなかったがある日 ネットで見た 「クレアチニンが下がる!!」を見て  希望が 出ました。講習会 (前半だけ)聞いて よくわかりました。講習会 聞いて 猶更 納得!この 身体を 持続 させたい 絶対 今の 「様子見」医療に負けてなるか!!って思っております今日から 再度 食事療法 生活の悪しき慣習の見直し等々はじめます。 お力を お貸し頂きたい 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------



<$mt:Include module="Analytics"$>