第7回 内臓トレーニング講演会(新宿) 「腎臓病を治す」報告

k_oosaka_131207.gif

第7回 内臓トレーニング講演会(新宿)報告

2014年6月21日(土)14:00~16:30
西新宿 住友ビル 47F

 なんとか終日曇天だった。暑くもなく寒くもなく梅雨時としては天気に恵まれた一日でした。 開講の14:00までにはほとんどの方が着席しており、さすが日本のビジネスの中心東京だと改めて感心させられました。なお、終了予定の4:30を15分ほど時間オーバーしてしまい、お忙しい皆さんにご迷惑をおかけしてしまいました。お詫びを申し上げます。  毎回、講演終了後に参加された皆さんとスタッフの間で、相談・懇談会を行っております。今回は218人が参加申し込みをされているので、限られたスタッフでは対応がしきれないと思い、受付で皆さんに個別相談シートを配布しました。たくさんの方々から質問が寄せられました。この方々には、1週間以内に先生からの回答をお送りすることにしています。治療の補助にしてください。また、今後セミナーでもシートを配布する予定ですのでご利用ください。

今回は、廣岡先生の現代医療に関するユニークな考えを紹介しましょう。
廣岡先生は医者を目指したのではなく、生物学の研究をしたくて医学部に入学し、医学博士として研究を続ける予定でいたが紆余曲折の末に医者になったとのこと。そのため、治療に関してユニークな見解をお持ちで、その一部を紹介してくれました。

k_oosaka_131207.gif

●治療は結果がすべて

 どんなに権威あるお医者さんの治療を受けても、病気が治らないなら意味がない。患者さんにとっては結果がすべて。今の医療は薬物治療が中心となっているが、治療方法にこだわる必要はない。治るなら民間療法でも何でも取り組むことが大切。

●現時点でのエビデンスが全てではない

 エビデンスは近代医学の成果に基づくもので大切である。しかし、人間の体の中は、まだまだほとんど分かっていない。今後研究が進み、新しい発見があれば現時点で正しいとされるエビデンスも間逆になることもありうる。エビデンスは医学の進歩に従ってどんどん変わっていくから、現在のエビデンスに頼りきらないほうが良い。

●現在の腎臓病治療は症状を治療している

 今は、腎臓病を治すことはできない。投薬によって高血圧とかむくみなどの症状を管理しているに過ぎない。また、たとえ腎臓移植をしても、人からもらった腎臓であり、劣化すれば再度透析に戻ってしまう。もともと自分の持っている腎臓が一番だから透析に入らないよう努力することが大切だ。

●腎臓病は自分で治すしかない

 腎臓病は生活習慣病であり、生活の中に発症原因がある。したがって、自分で作った病気は自分で治すしかない。医者を頼っても今のところ治せない。発症してしまった人は、今以上に腎臓を壊さないよう生活習慣を見直す必要がある。生活習慣は生き方の反映であるため意識改革も必要となる。

●健康を維持するには血流の大切さに目覚めよ

 血液は細胞に酸素と栄養を届け、細胞の輩出した老廃物を回収する役目を担っている。血液が円滑に体内を巡っていれば病気を発症することはない。血液のめぐりが悪くなると細胞に酸素と栄養が届かなくなり、細胞は衰弱し死に至る。その結果病気が発症する。病気になると薬を服用する。その薬は患部に血液によって届ける以外に方法はない。つまり、血流が悪くて病気になったところに薬が届かない。健康を維持するためにも円滑な血液循環が大切であり、ましてや病気になった人は薬を届けるためにも血流を活性化することが大切である。   血流を活性化するのに決定打となる薬はない。サプリに走れば腎臓に負担をかける。結果としてリフレクソロジーや岩盤浴など様々な民間療法を頼ることになる。しかし、様々な方法は使用後の検証が可視化されていないものが多い。なされていても一時的な効果に終わるものが多い。サーモグラフで検証する限り内臓トレーニングは継続的に長時間実践できることもあり、病人にとっては効果的な血流改善方法の一つだろう。



【参加された方の感想】


昨年水腎症と言われて泌尿器科で腎臓肥大と言われ泌尿器科と腎臓内科を受診してい<br />
ます<br />
クレアチニン値は以前から高く規定値外でした、今年5月の測定で1.27でした。<br />
だんだん測定値は高くなったり下がったりしていますが、上昇傾向にあります、一度<br />
静岡のトレーニング道場に行って、相談したいと思います、<br />
気になる事はクレアチニン値の上昇傾向だけで、そのほかの測定値は正常です<br />
又、加齢による体力低下はあるものの、気力や集中力はまだ衰えていませんし、食事<br />
量も減少していない傾向です、体重70kg、身長175cm、で標準的な体型を<br />
保っています<br />

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
貴重な講演に参加できました。なかなか聞けない話でしたので、今後の生活に充分参<br />
考にしていきたいと思っています。また、相談に行くことと、機械の件も検討中で<br />
す。仕事の関係で先に機械を購入してみようかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1)6月21日新宿会場の「腎臓病をなおす」講演会に参加させていただきました。<br />
事前にDVDを送付いただき、また廣岡先生のご著書読んでいたので、廣岡先生、望月<br />
先生のご講話の内容はよく理解できました。<br />
2)尿蛋白がでたことから、10年来主治医にかかっていますが、実際の治療は血圧管理<br />
だけで劣化した腎臓を回復する治療は行われません。また現在では治療方法もないこ<br />
とも理解しています。年令とともに上昇しつづけるクレアチニンの数値を睨みなが<br />
ら、座して透析を待つのみなのかと半ば諦めていました。顕著な自覚症状がないのが<br />
いいのか悪いのか・・・。現在70歳、クレアチニン値は1.78mg/dlです。<br />
3)内臓トレーニングのことを知り、一縷の望みをいだきました。とにかく、早く実体<br />
験をし、治療の確信を得たいと考えています。早ければ早いほど治療効果があると講<br />
習会で伺いましたので、本日(23日)静岡トレーニングセンターに予約の電話をしま<br />
した。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
現在、協会の坂本様のご指導を頂いてトレーニングに励んでおります。今年の2月に<br />
東京・新宿で開催された「健康セミナー」で望月先生の迫力ある講演を伺ってトレー<br />
ニングを始めました。今回は広岡先生の講演も伺える企画でしたので、早速出席申し<br />
込みをさせていただいた次第です。両先生のお話は医学的見地からのご説明と実際の<br />
協会での実話が上手く噛み合って、「成程そういうことか」と納得の2時間でした。上手く<br />
いっていない例もご説明されたので、非常に参考になりました。望月先生のお話は前<br />
回と同じく「良し!」と大変元気を頂きました。トレーニングに更に励んでみます。<br />
ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
内臓トレーニングは。良く理解出来ました。機機の購入を、お願いしました。<br />

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
電車内の網棚に忘れ物をして時間をロスしてしまい、大遅刻してしまいました。<br />
そのため、広岡先生の講義が半分しか聞けず残念なことしました。でも、本を購入済<br />
みなのでおおよそのことは理解できました。次回は又、参加して最初から聞くつもり<br />
です。</p>

<p>後半、望月先生の講義も聞いてよく理解することができました。腎臓病は補助器と食<br />
事療法の二本柱で、人間が持っている自然治癒力で回復させる、病気は自分で治す、ということを改めて知った次第です。</p>

<p>会場はほぼ満席で同じような悩みを持っている人が随分いるものだなあとびっくりし<br />
ました。関心度が伺われました。ただ、終了後は過半数の人が質問も受けずに帰られ<br />
たこと、少し、寂しさを感じました。 でも、私としてはいろいろと質問することが<br />
でき、良かったと思っています。<br />
補助器を現在使用してる自分としては、その使い方を質問でき、又、望月先生より足<br />
腰の運動を再度教わることができ為になりました。</p>

<p>腎臓トレ-ニングを3月中旬から初めて3ヶ月余となりましたが、クレアチニンは若<br />
干下がり、他はほぼ横ばいで、まだまだです。これから目標に向かって効果が上がる<br />
ように努力して行きたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
現在痛風で主に受診していますが、腎臓病の方は丁寧な指導は受けておりませんでし<br />
た。今日の講演を聞いて、何かほったらかしにされていたような気がいたします。<br />
これを機会に真剣に取り組みたいと思います。<br />
よろしくご助言お願いいたします。<br />
また、今何か体調が悪いのですが、近く痛風の診療所に<br />
受診する予定です。<br />

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
参加する前は半信半疑でしたが講演会に参加し私も挑戦しようと思いました。早速予<br />
約をした次第です。内臓トレーニングについては十分理解したつもりです。<br />
一人で悩んでいましたがあれほど多くの方が同じ病気で苦しんでいると思うと私も負<br />
けてはいられないと勇気づけられました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1 十分理解できます。2 もともと医者を信用していないが、良い治療法が見つからず仕方なく投薬を続けてい  ることに不安を感じています。3 今すぐにでも投薬を中止し、内臓をトレーニング実行したいと考えていますが費用がどれほどなのか知りたいです。4 自分なりに勉強しているつもりですが、この内臓トレーニング治療方法は間違いなく改善できると思います

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
私自身の不知のことが明らかになり、知識が増えた。血液検査結果表の見方…関連付けていなかった部分が関係あるものとして分かったこと。自分の行っていることは方向性として妥当なものであるだろうということ。私にとり意味あるものでした。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
こんにちは!先日は講演会で大変お世話になりました。私は30年位前から腎臓を悪くして5年位前からクレアチニンが少しずつ上がってきて(今現在3.7)これ以上上がらない様にする<br />
にはどうしたらいいのか先生方の話を少しも漏らすまいと一生懸命耳をダンボにしていました。話を聞いている間に内臓トレーニングに興味がわき、体験したい気持ちになりました。この講演会<br />
は大変貴重なものでしたので、同じ病気で苦しんでいる人にも話をしてみたいと思いました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

.



<$mt:Include module="Analytics"$>